Live Love Music


一年に約50本のライブに行く、音楽中毒なsinのブログ
by skystarseanaight
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
ライフログ

ガラスのブルース20歳の藤原基央君

今日、明日が休みなので本屋で、
いろんな雑誌を読んでました。
そこで、どうしても欲しくなって買ってしまったのです。
B-PASS!

ここで、BUNP OF CHICKENの藤君の、
20歳の頃っていうタイトルのページを見つけて、
思わず買ってしまいました。

d0027378_020572.jpg

BUMPの曲に感動して、
何度も繰り返し聴いては、あー、なんていい曲なんだー・・・とため息・・・
繰り返し聴いていると、そこで歌われている情景が、
頭の中に映画のワンシーンのように見えてくる。

こんな曲を書いている藤原基央という人は、いったいどんな人なのだろうか?・・・

この雑誌では、20歳の頃っていうタイトルのとうり、
彼の20歳の頃のこと、
高校を中退して、東京に出て音楽をやっていたころのこと、
ガラスのブルースにもあるような、
昨日よりマシなメシが食えたなら
今日はいい日だったと空を見上げて笑い飛ばしてやる


それは10代の頃の彼がまさに体験したこと。
一日一日飯が食えることがキセキだった・・・らしい。
でもそんな苦しい生活かに思えるようなことも、
彼にとっては、そんなに苦しいことではなかったそうだ。

やはりただものではなかったのね!藤君・・・=*^-^*=にこっ♪

また、メシが食えなくてどうしょうってなったときに、
ギター片手にアルタの前で歌ったこともあるそう。

かなり貴重・・・だよね!・・・

昔、ステージの上で自分を天才だと言ってたことなども
語ってた。
俺しか書けネェ曲がある!って言えなきゃお金とっちゃだめなんだ。
って・・・
もっともな意見でございます。
やはりかっこいいです。

自分の書いた曲に対する想いの強さが、
彼の歌に力をあたえる。
そして聴いている人の心に強く強く響いてくるのだ。
自分の書く曲を愛していると言う藤君の歌は、
とても、あたたかくて、聴いていると優しい気持ちになる。

BUMP好きの方は、是非!
B-PASS読んでみてください。
かなり貴重・・・いい記事ですよ。=*^-^*=にこっ♪

sinのBBSお気軽にどうぞ!


明日は、そのガラスのブルースも、はいってる、
インディーズ時代のアルバム
FLAME VEINについてレビューします。

よかったら読んでくださいね。


よければワンクリック*:.。ヨ..。ロ.:*・(*´∀`)・*:.。シ. .。ク.:*
人気邦楽blogランキングへGO!

にほんブログ村 音楽ブログへ
[PR]
by skystarseanaight | 2005-11-01 00:13 | BUMP OF CHICKEN
<< 本日、恋の門 フジファブリック ニューアルバ... >>


rink
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧